CMの秘密

CMの秘密

テレビCMを打つ事による印象アップ効果

テレビCMとインターネット広告の二つが、現代的なマーケティング方法として人気です。
共に顧客に対して自社のサービスを効果的にPR出来る宣伝方法になります。
特にテレビCMには、信用力をアップさせられる効果があり、顧客に良い印象を持ってもらえるメリットが存在します。
ネット広告も費用対効果が良く、特に若年層へのPR力が高いため、重宝するマーケティング方法ですが、高齢者や専業主婦への宣伝力は不確定です。
またネット広告をする企業は玉石混交だという社会的な印象が浸透しており、日本人の間で信用度が高いテレビCMを使った方が顧客に対して安心感を与えられるでしょう。
特に主婦向けや高齢者向けの商品はテレビCMを積極的に打ち、仮にネットと連動させたい場合でも、テレビからネット上の公式サイトに誘導する仕組みを取ったほうがアクセス数を稼げます。
主婦と高齢者は特に在宅率が高く、日中の空き時間はドラマやワイドショーを視聴している確率が高いため、そういった隙間にスポット広告を打つ事で費用対効果を上げながら、自社のマーケティングが合理的に進められます。

良い印象を持ってもらえるテレビCMの効果

高度な情報化社会となった今、商品やサービスの紹介方法にも工夫が求められます。
ただ漠然とチラシや新聞広告を打つだけでは、現代の環境に適応出来ません。
時代はマルチメディアであり、テレビCMを効率よく活用し、企業自体と商品の印象を向上させる工夫が大事です。
ネットやテレビCM、チラシ、ポスター、街の看板、奥様方の口コミなど、
現代の主婦は多種多彩な情報を得ており、良い印象の情報からネガティブな印象の情報まで、幅広いデータを日々集めています。
情報を正しく伝えるためにはネットCMが一見便利そうですが、まだまだ専業主婦のパソコン利用率は高くなく、テレビCMを優先させた方が無難です。
また世間一般には、まだまだネット上でのマーケティングに対して良くない印象を持つ人々もいており、ネット動画やSNSでの広報活動が裏目に出るパターンもあります。
一方でテレビCMであれば全世代がポジティブに情報を受け取れる媒体であり、
映像、音楽、登場キャラクター、タレントなどを通して五感にうったえるアピールが出来ますので、関心度が低い方にも商品名だけは覚えてもらえる、サービス内容だけは理解してもらえる、といった高い反響が望めます。

Favorite

大阪 注文住宅
http://www.hana-house.jp/

Last update:2016/4/15

効果的なテレビCMの要素

テレビCMを打つ事による印象アップ効果

テレビCMの影響力は未だに健在です

テレビCMを制作するには

企業のテレビCMには工夫が随所に見られる

お問い合わせ