CMの秘密

CMの秘密

テレビCMの影響力は未だに健在です

インターネットが世界的に流行る現環境ですが、まだまだテレビメディアの存在感は大きいです。
マーケティング方法としてテレビCMは未だに良いツールであり、テレビで放送されたサービスやモノは広く大衆の目に触れます。
既に統計としては、個性的なテレビCMが世間に大きな影響を与える事が分かっています。
独特のメロディだったり、テレビCMの登場人物が個性的だったり、話題の芸人さんを採用する等、
他社の広告とは違った独自性が、大衆に評価されます。
また一地方のテレビCMが、ネットのSNSやブログ、動画サイトを通じて世界的に影響を与える事例も相次いでいます。
地方特有のゆるいCMが、むしろ最近の若い世代や外国人の方々には新鮮な印象として伝わるためです。
また子供が思わず口に出してしまう変わったリズムのCMソング等を自社で作成すれば、
子供たちが家庭や学校、街などで言わば代理でモノやサービス名を歌ってくれますので、コストをある程度掛けて、作曲家に一風変わったCM用のBGMや歌詞を作ってもらえば、効果的な宣伝が出来ます。

テレビCMによる好影響とマーケティング

インターネット上でマーケティング活動をする事が昨今、企業間でブームですが、
不特定多数の大衆向けに宣伝をしたい時は、既存のマスメディアを使った方が合理的です。
ネットが大衆化したとはいえ、ネットサーフィンを長時間するのはまだまだ若者が中心です。
ゲームや漫画、教育、アプリケーションといった若者向けのコンテンツであればネット広告が絶大な影響を生み出しますが、一般的な商品やサービスの場合はテレビCMを活用しましょう。
テレビCMの費用は、ここ数年でかつてより大幅にダウンしました。
不特定多数の大衆向けに広く好影響を与えられる宣伝媒体が今ほどリーズナブルな時代はなく、期間限定でも広告を打っておけば、商品の存在を広く老若男女に知ってもらえます。
同じような商品が2つあった場合、大衆は最終的に「自分が知っている商品」を買い物かごに入れます。
テレビCMを打っておけば、顧客が競合他社との商品選びに苦慮し際のダメ押しが効きます。
商品名、企業名のどちらでも良いのです。とにかく大衆に自社のイメージを何となくでもよいので、認知してもらう事がマーケティングにおいて定石となります。

recommend

最終更新日:2017/5/26

効果的なテレビCMの要素

テレビCMを打つ事による印象アップ効果

テレビCMの影響力は未だに健在です

テレビCMを制作するには

企業のテレビCMには工夫が随所に見られる

お問い合わせ