CMの秘密

CMの秘密

企業のテレビCMには工夫が随所に見られる

イメージアップの一環で企業が独自のテレビCMを制作するときには、いくつかの工夫パターンが存在します。どれも共通しているのは、企業そのものを不特定多数の人に知ってもらおうとするコンセプトです。これこそが最終目的になるので、テレビCMの内容にかかわらず工夫されている部分の本質は似通っています。主に見られる様式としては、企業の従業員がテレビCMに出演して商品などの解説を行うことです。こうした工夫が凝らされることによって、どのような人物たちが業務に携わり商品が提供されているのかが一目瞭然となります。顔が見えることは安心につながるので、企業の印象を向上させることを目的にする場合は効果的と言えます。また、企業とは関係がなく単にインパクトを重視するテレビCMもあります。このような工夫では、社名を知ってもらうことを目標にしている場合が多いです。視聴者の記憶に強く残るようにして、一気に知名度を高めていきます。

テレビCM制作における工夫とは

テレビCM制作はお金もかかり工夫を盛り込んだ効果のある制作が求められます。その一つにキャッチコピーがあります。そのひとことがなるほどと思えるような全てを表現できるような言葉が必要となります。工夫としては口ずさみやすい言葉というのがミソとなります。これにはコピーライターが参加することが多いものです。
人の記憶に残るには反復して伝えているうちに脳の片隅にずっと残るという作用があります。知らないうちに覚えてしまうという効果です。
最初に目や耳に入った情報と最後に聴いたり見たりした情報が長らくの間記憶に残るといわれています。
色やデザインを利用したり、代表するようなキャラクターを立てることで印象を深めるとも言われています。例えば犬のような動物を使用すると連想に結び付きやすいとされています。
当たり前のことでなく想定外の場面や何かを想起させるような行動は話題にもなり、記憶にも留まり易いといわれています。
場面と音楽を一体化させることでその音楽を聴くと条件反射のようにテレビCMの場面が記憶に蘇るということもあります。

Valuable information

横浜 税理士

2017/5/26 更新

効果的なテレビCMの要素

テレビCMを打つ事による印象アップ効果

テレビCMの影響力は未だに健在です

テレビCMを制作するには

企業のテレビCMには工夫が随所に見られる

お問い合わせ