CMの秘密

CMの秘密

テレビCMを制作するには

テレビCMは、テレビを利用して商品の宣伝などを行う方法です。テレビであれば多くの人が視聴してくれるため宣伝効果が高く、また社会的な信用も高めることができるメリットがあります。テレビCMを制作する場合には、自社で作る方法もありますが、一般的には広告代理店や映像制作会社に依頼することになります。
テレビCMの制作の流れとしては、打ち合わせを行いどのようなものを作るのか、またそれにそって企画書や台本を作成して撮影を行い、映像編集および音楽やナレーションの収録などを経て完成することになります。広告代理店であればすべてを任せることができますが、映像制作会社に依頼した場合には、それぞれ指示をしながら作り上げていくことになります。また出来上がったCMを流す場合にはテレビ局に広告料を支払う必要があります。料金はそのテレビ局の規模で変わってきますが、地方局では1本あたり2万円程度で行うことができますが、在京局や在阪局など都市圏を中心としたところでは50万円以上は必要になります。

テレビCMの制作については

テレビCMを制作する場合には、まずどのような用途でどのような層に向けて何を伝えたいかを策定し顧客と打ち合わせを行うところから始まります。そしてどのような手法を使うか、予算はどれぐらいかけられるかも大切な内容になります。
企業が扱っている製品内容や業務内容はどういうものか、なぜ制作することになったのかをはっきりとさせておきます。
次に映像の長さはどれぐらいにするかも決めておきます。企業の内容のわかる写真が用意できるか、それとも始めから静止画も撮影することになるのかも打ち合わせます。それから映像制作会社において企画が立てられます。
テレビCMでは映像撮影の時間や日数がどれぐらい必要かが検討されます。音楽素材はフリーのものを用意するか、別に制作も行うかも決めます。編集ではタイトルやナレーション、トランジションやエフェクト効果などを入れることになります。それから仕上がった場合のDVDその他の納品の形態についても決めておきます。これらの内容によって予算も巾を持って変わって来ます。

おすすめWEBサイト 5選

印鑑付きボールペンの作成
http://www.8583.jp/products/lists89.html

Last update:2016/11/18

効果的なテレビCMの要素

テレビCMを打つ事による印象アップ効果

テレビCMの影響力は未だに健在です

テレビCMを制作するには

企業のテレビCMには工夫が随所に見られる

お問い合わせ